涙そうそう

涙そうそう スタンダード・エディション
涙そうそう スタンダード・エディション

2006年/日本

【出演】妻夫木聡/長澤まさみ/麻生久美子/塚本高史/小泉今日子/中村達也
【監督】土井裕泰

【感想】2006/10/26 映画館
先日レンタル開始になりましたね。
ずっと下書き状態で放置してたので、書き直してみました。

素晴らしい兄妹愛!映画始まってすぐ泣かされました(笑)
自分の家族や周りにいる人たちを思いやる気持ちとか感謝する気持ちとか
そういうことを忘れちゃイカンなぁ〜って改めて思いましたね。

とにかく泣かせよう泣かせようって感じが、あまり好みではないです。まぁ〜毎度のコトながら、しっかり泣かされてるんですが(苦笑)
金はないけど愛で、あのニィニィならなんとかなるんじゃないかって…そういう期待があった為、個人的には、あと一歩って感じでした。
『そういうもんなのかもな』ってことで納得してます。
ストーリーをありがちな恋愛方向へ進めなかったのが、安っぽくならずにすんだね…って感じでしょうか。(恋愛に近い感情はあったと思うけど)

CMでニィニィが“なんくるないさぁ〜”って言ってる印象が強くて、口癖のように言ってるんだって思い込んでたので、そのへんでも物足りなさを感じました。って、随分、勝手ですが(笑)
そうそう、パンフについてた手紙…あれでも泣かされました。やられっぱなしの私(笑)


公式サイト⇒http://www.nada-so.jp/
| タイトル【な】 | 01:31 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
 
 

夏休みのレモネード

夏休みのレモネード夏休みのレモネード
Stolen Summer
2002年
アメリカ
【出演】エイダン・クイン/ボニー・ハント/ケヴィン・ポラック/エディ・ケイ・トーマス/ブライアン・デネヒー
【監督】ピート・ジョーンズ

【内容】
夏休みのある日、カトリックの少年・ピートは白血病を患うユダヤ教の少年・ダニーに出会う。2人は天国にいくための“10個の課題”にチャレンジする。マッド・デイモン、ベン・アフレックプロデュース。

【感想】
棚の前を通るたびに、このジャケ写が気になってたんだよねぇ。

主人公のピートが、先生に「このままじゃ地獄行きだ」ってなことを言われて、どうしたら天国に行けるかを考える。ピートはカトリック、兄に言われユダヤ教徒を改宗させようとする。そこで出会ったのがユダヤ教の神父、そしてその息子のダニー。ダニーは白血病でもうすぐ死んでしまうかもしれない、どうやったら天国に行けるか?って話。
大人たちは異教徒だからと敬遠し、それを子供にも押し付けようとする。子供にとっては目に見えないものはなかなか理解できないし、なぜダメなのか?ってことも分からない。
ところどころ『もうちょっと、そこ観たいのにぃ〜』って思うところがあって、少し残念かな。物足りなさはあったけど、ラストに少年が出した答えはすごく素敵なものだと思った。
細かいことっていうのは私には分からない。でも現実、宗教って戦争になっちゃうくらいのことだもんね。信仰ってそういうことなんだよねぇ…。なぁ〜んも考えてない私なんて『それはそれとして受け入れちゃえば争いごとも起こらなくていいのに』って思っちゃうんだなぁ(苦笑)
| タイトル【な】 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |