パビリオン山椒魚

パビリオン山椒魚 プレミアムエディション
パビリオン山椒魚 プレミアムエディション

2006年/日本
【出演】オダギリジョー/香椎由宇/高田純次/麻生祐未/KIKI/キタキマユ/光石研/津田寛治
【監督】冨永昌敬

【感想】(2007/3/19)サンプルDVD
動物国宝のオオサンショウウオ・キンジローをめぐって巻き起こる奇想天外なストーリー。
そんな感じのジェットコースタームービーということらしいです。
とにかくハチャメチャ!
で、私はというと…ジェットコースターに乗ってる途中で意識がトンだり、もしくは乗ろうと思ったら出発しちゃって、完全に置いてきぼりくらったり…そんな感じでした。

感覚的には好きです。
オダギリジョーのエキセントリックな演技がステキ。
個人的な好みでは前半の天才レントゲン技師・飛島芳一(オダギリジョー)が好きです。あずき(香椎由宇)にレントゲンを撮ってとせがまれてレントゲンを撮りまくってるシーンとか好きですねぇ。
その後、レントゲン技師は「異議なーし!」とレントゲン車を捨ててイタリア風な義賊になるわけですが、「ふぉーっ、ふぉーっ」とか叫ぶ姿がちょっとクセになりました。

で、解るか?というと、私は解んないです。好きだけど。
異議なーしっ?


公式サイト⇒http://www.pavillion.jp/
| タイトル【は】 | 05:18 | comments(0) | trackbacks(3) | - | - |
 
 

初恋

初恋初恋
初纏恋后的2人世界/'First Love'The Litter on the Breeze
1997年/香港
【出演】金城武/エリック・コット/カレン・モク/リー・ウェイウェイ/ビンセント・コク
【監督】エリック・コット

【感想】 レンタル(1/10)
なんとなく気になって借りてみました。タイトルからは想像できないような展開にビックリです。てっきり、甘酸っぱぁ〜い若かりし頃の思い出話的なものだと思ってたので…(苦笑)←勝手に話を作るな!って感じかしら?(笑)
とにかく監督のエリック・コットが喋り捲ります。ドキュメンタリー風に進むストーリーの中で試行錯誤(?)の結果『精神病の男と夢遊病の少女の話』と『ヤッピンとカレンの恋の後始末』のお話にたどり着きます。

『精神病の男と夢遊病の少女の話』は精神病の清掃員ラム(金城武)と夢遊病のウェイウェイ(かわいい)のちょっと変わった恋のお話。どう病んでいるのかは不明だけど、確かにどこか病んでいるような…ただ天然入ってるだけのような金城くんが素敵で笑えます。ウェイウェイのばあちゃんとお父さんの掛け合い(?)もナイスです!(笑)笑えるんだけど、どこか微笑ましい感じのするお話でした。ただラストがあやふやに感じて、ちょっとよくわかんなかったです(苦笑)

『ヤッピンとカレンの恋の後始末』は結婚式直前にバックレた男ヤッピン(エリック)と10年後にその居場所を知ってしまった元婚約者カレンのお話。監督自ら“元婚約者にいつか殺される!と毎日ビクビクして過ごす店主”を演じてます。ハチャメチャな感じでもあるんだけど、そこがまた笑えるんだなぁ。思わずかわいぃ〜なぁ〜って思ったのは、頻繁にヤッピンの店に訪れ、コーラを飲んでいくカレンの顔(笑)ビンにストローを挿してチュウチュウ吸う表情がツラそうで…なんともかわいいんですよ。あとヤッピンの買い物袋を被ってるヤツ、あれはサイコーに笑った(笑)
ドタバタしてるんだけど最後の最後…やられました。ホロッときました。

確かに監督は喋りっぱなしだからウザいとも思うんだけど、見慣れるとそうでもないかも?いや、やっぱウザいな(笑)
こちらもどうぞ⇒ にほんブログ村 映画ブログ
| タイトル【は】 | 05:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
 
 

初恋のきた道

初恋のきた道初恋のきた道
The Road Home/我的父親母親
2000年
中国・アメリカ
【出演】チャン・ツィイー/チョン・ハオ/スン・ホンレイ/チャオ・ユエリン
【監督】チャン・イーモウ

【内容】
父の死で帰省した青年が、母と父のなれそめを追想していく。若き日の母=18歳の少女デイ(チャン・ツィイー)は、村にやってきた小学校教師チャンユーに一目ぼれ。以後、彼女はせっせと彼のために弁当を作り続けていくが…。
チャン・ツィイーの初々しくも健気な美少女ぶりが観客の陶酔と涙を誘う。その一方で、老いた母の現代のシーンをモノクロームで捉えた描写の数々が実に秀逸。村の伝統に沿って葬儀を行おうとする母のかたくなな姿と、お弁当を作る少女の健気な姿が一致したとき、この作品の感動の涙は本物になる。

【感想】
ここまで一生懸命、人を好きになるってすごいよね。羨ましい。これぞまさしく“初恋”!
チャン・ツィイーがかわいい!途中、チャン・ツィイー映したかっただけか!?って思ったよ。

でさぁ〜この先生、北(ぺー)ちゃんって呼ばれてた昔の同僚に似てる(笑)
あと知ってる単語がときどき聞こえてくると、ちょっと嬉しくなってしまう超初心者です。もっとがんばっちゃおっかなぁ〜ってね(笑)
ラストで思わず泣いてしまったよ。

| タイトル【は】 | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
 
 

パーティ★モンスター

パーティー★モンスター
パーティー★モンスター
Party Monser
2003年
アメリカ
【出演】マコーレ・カルキン/セス・グリーン/クロエ・セヴィニー/マリリンマンソンetc
【監督】フェントン・ベイリー/ランディ・バルバート

【内容】
80年代から90年代初頭にかけてのN.Y.のクラブ界に実在した若きカリスマ・ パーティ・プロモーター、マイケル・アリグの “栄光と堕落” を描いた伝記ムービー。奇抜なアイディアでパーティをプロデュースしていくマイケルの姿とともに、N.Y.のアンダーグラウンド文化の華やかさといかがわしさがたっぷりと味わえる。

【感想】
(7/11)
観てきたよ。正直、ドラッグとか出てくる話って好きじゃないんだな(苦笑)でも、この話からドラッグを除いたら…成り立たないか(笑)
最初は、どう観ていいのか解らなくて、なかなか映画に入り込めなかったんだけど、セス・グリーン扮するジェームズの演技がハマってて結構楽しめた。
悪趣味なゴテゴテな衣装はあまり好きになれないけど、DVD出たら絶対買うんだぁ♪

(8/7)
映画の感想をあとで書こうと思って放置してたんだけど、良かったよ!ん〜、序盤はどう観ていいのか迷ってたのね。目的はマリリン・マンソンだったし、当時のことを知らないし…。それにマコーレ・カルキンって存在が大きすぎて、なかなか映画に集中できなかったんだよね(笑)でもセス・グリーン扮するジェームズの言動でどんどん映画の中に引きずり込まれたってカンジ。マンソンは思ったより出番が少なかったし、見た感じマンソンじゃなくてもいいんじゃない?って感じだったけど、唯一“LSD(だったかな?)をキメながらトレーラーを運転しようとしたとこ”がマンソンっぽかった気がするかな。

【サントラ】
パーティ・モンスター
音楽はすんごくカッコイイ!
| タイトル【は】 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |