キッド

キッド・コレクターズ・エディションキッド・コレクターズ・エディション
The Kid
1921年/アメリカ
【出演】チャールズ・チャップリン/ジャッキー・クーガン/エドナ・パーヴィアンス/トム・ウィルソン
【監督】チャールズ・チャップリン

【感想】 レンタル(1/12)
映画に疎い私ですが、チャップリンは昔から大好きです。彼の作品はどれも好きなのですが、1つを選ぶとなるとこの【キッド】が1番好き♪
チャップリンが捨て子を拾うことから始まるお話です。
捨て子はジョン(ジャッキー・クーガン)と名づけられ、本当の親子のように仲がいい!っていうか、ジョンかわいすぎ♪おまけに演技がメチャメチャうまい!道順をチャップリンと確認するところ、石を投げようとしてるとこ、それを警官にみつかって誤魔化すところ、食事の準備ができたとチャップリンに言うところ…あげたらキリがないくらい大好きなシーンばかり。
あんなに愛情たっぷり育ててるのに人さらいみたいな扱いされて、ヒドイったりゃありゃしない。そういう心情があの夢に表されてるのかなぁ〜ってハッキリは解らないけど、そう解釈してます。
過去に私が行ったレンタルビデオ屋さんや図書館では同じとこのビデオなんだけどさ。あまりに【キッド】が素晴らしくて、一緒に入ってる【のらくら】の印象が薄い(苦笑)

画面の向こうでは会話をしているけど聞こえてこない。ときどき表示される言葉が状況を説明してくれるだけ、観た人それぞれに違うセリフを思い浮かべててもその物語はハッキリと伝わってくる。大昔にこんな素晴らしい映画を作っていたこともすごいけど、何十年経った今でも受け入られてるっていうのがホントすごい!(まぁ〜私なんかが今さら言う必要もないですね(苦笑))この映画なんて、うちのじーちゃんが生まれた年に作ってるんだもんなぁ〜(笑)
余裕ができたら、ちゃんと買い揃えたいです。
こちらもどうぞ⇒ にほんブログ村 映画ブログ

【関連作品】
続きを読む >>
| タイトル【き】 | 03:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |