幻遊伝 タイムトリッパー

幻遊伝 GEN・YU・DEN幻遊伝 GEN・YU・DEN
Trriping/神遊情人
2006年/台湾・中国
【出演】田中麗奈・チェン・ボーリン(陳柏霖)・リー・リーチュン(李立群)・ホン・ティエンシャン(洪天祥)・大杉漣
【監督】チェン・イーウェン(陳以文)

【感想】(2007/3/20)サンプルDVD
台北で漢方薬屋を営む父(大杉漣)とその娘・小蝶(シャオディ/田中麗奈)は衝突してばかり、その日も『日本に“帰りたい”』という小蝶に対し、父は『おまえはここで生まれ育ったんだから“帰る”のはおかしい』と親子喧嘩が始まり、小蝶は友達と一緒に家を飛び出してしまう。そして、あるきっかけで小蝶は遠い昔にタイプスリップ!!

この出演が決まったころだったか、公開したころだったか忘れましたけど、結構ネットで記事を読んでたので気になってたんですよ。チェン・ボーリンが出てるから(笑)
…のワリにはサンプル届いてから観る機会もなく、レンタル開始になってました(苦笑)
時空を超えたラブロマンス
キョンシーをフィーチャーしたホラー
中性の台湾を舞台にした時代劇
炸裂するカンフー・アクション
(サンプルのパッケージより)
まず、友人と小蝶が電話で話してるところから始まるんだけど(電話の後の話からすると日本に帰ってしまう日本人っぽい)、なぜか中国語。しかも田中麗奈の声は吹替え。父は従業員の阿明(アーミン/チェン・ボーリン)にも小蝶の友人たちにも日本語でしか話さない。阿明が日本語を勉強しているって設定なら、それでいいとしても…少なくとも小蝶が生まれ育った年月を台湾で生活してて、台湾に住むことにこだわってるんなら、もうちょっと…ねぇ…。

小蝶があるきっかけでタイムスリップしたことに気がつかず、初めて目にした中世の台湾の建物などの風景はとても美しく、観てるこちらもこれから何が起こるんだろうと、期待が高まるわけですが…。
キョンシーはあまりキョンシーっぽくないし、カンフーは百鶴道士(リー・リーチュン)がちょろっとやるだけで炸裂しない。キョンシーでカンフーなら【少林キョンシー】の方が全然イイ。
“あれもやりたい、これもやりたい”で詰め込みすぎて、どれも不完全、中途半端になってしまった…って感じがしました。
時空を超えたラブロマンスも弱い。ワガママな日本人娘がタイムスリップした先で出会ったハイション(チェン・ボーリン)と行動をともにすることで、恋をして少し大人になった様はなかなかいいと思うんですよ。多分、これがストーリーの軸になるんだと思うんで、しっかし、ここがぼんやりしてると言いましょうか…。
ただラストはよかったかな、現世に戻った小蝶が現世で観た中世でのハイションらの姿。小蝶が忘れていったケータイに向かって無邪気に話しかけるハイションが健気で愛に溢れてましたね。思わずこちらも小蝶と一緒に泣いてしまいました。

あれ?“終わりよければすべてよし”…って、そういうこと?

最近よく感じることなんですが、チェン・ボーリンの演技がキムタクっぽく見えるんですけど…私だけでしょうか?

| タイトル【け】 | 05:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
 
 

県庁の星

県庁の星 スタンダード・エディション
B000GCG6FU
2006年/日本
【出演】織田裕二/柴咲コウ/佐々木蔵之介/酒井和歌子/石坂浩二
【監督】西谷弘

【感想】レンタルDVD(1/17)
『書類第一の県庁のエリートさんvsお客様第一の三流スーパーのパートさん』
想像してたストーリーとはちょっと違ってましたが、おもしろかったです。
だってあの野村(織田裕二)、ホント、ムカついた!なんだっ、そのおじぎの仕方は!…ってね。でもあのスーパーもヒドイ!あんだけプライド持ったパートさんたちがいたら、あんなヒドイ店にはなってないと思うんだけど…(苦笑)

そうそう、県庁さんが作った弁当、なにが悪くて売れなくて、なにが変わったから売れるようになったんでしょう?お弁当だから冷えた状態ではおいしくなかったんだろうってことは分かったんですが…その弁当自体作ってるのは、今までも弁当作ってる人ですよね?そういうちょっとしたことも言えなかったんでしょうかね?でも味付けなんて、こっそり変えられそうだと思うんだけど…。それじゃぁ、成り立たないか。

あんだけ嫌ってた県庁さんだけど、スーパーを救ったのは、書類第一のお役所的なやり方でしたね。まっ、相手がお役所だからですが。
私としては恋愛対象ではなく、同志みたいな繋がりで締めくくってほしかったなぁ〜って気がします。


公式サイト⇒http://kaikaku-movie.jp/
| タイトル【け】 | 12:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
 
 

g@me.

g@me.g@me.
g@me.
2003年/日本
【出演】藤木直人/仲間由紀恵/宇崎竜童/石橋凌
【監督】井坂聡

【内容】
ある広告代理店社員と、彼が恨みを持つ会社副社長の愛人の娘。副社長への恨みで同調したふたりは狂言誘拐を画策し、その中で惹かれ合っていく。

【感想】
やぁ〜っと観れたぁ。っていぅ〜か、あのCMが気になってたから、いつ出てくるかずっと観てたのにぃ〜!ないじゃんっ!(笑)

セリフが臭すぎてちょっと違和感があったけど、ストーリーが二転三転して『何が起こってるの!?』って、思いっきり騙されてた。家に帰ったはずの樹理が誘拐されたってニュースで流れるとこなんて、かなりパニくったよ(笑)狂言誘拐っていうゲームに恋愛ゲーム、主演の2人は美しすぎるし、私には縁遠い生活環境、全部が非現実的に感じる。そういった要素にさらにゲームっぽさを感じた。
「スコップ」はいいね、グッときた。あのあとのシーンだからなのかな?でも散々騙されてるから、『ああなることは計算済みだったのか?』とか『金目当てではなく、ただ単にゲームの勝ち負けだけだったのか?』『それは愛なのか?』いろんな思いが駆け巡る。ホントはどうなの?
納得いかないのは…ラブシーンは長すぎる!あんなにいらないと思うんだけど?それとラストがねぇ〜、然るべきとこへ行くのかと思えば『違うのかよ!』って、そのちょっと前のとこで終われば良かったのになぁ〜と思いました。
そうそう、どっかで見たことあるなぁ〜って気になってたにぃ〜ちゃんが、エンドロールでIZAMだと知ってビックリ!中指立てるあのシーンはこの上なく様になってなかった気が…(苦笑)
| タイトル【け】 | 14:32 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |