HINOKIO

ヒノキオヒノキオ
HINOKIO
2004年(2005/7公開)/日本
【出演】中村雅俊/本郷奏多/多部未華子
【監督】秋山貴彦

【感想】レンタル
競合店に返却しに行ったら1枚だけあったので借りてきました。うちの店にはなくてねぇ…(苦笑)
不登校児の代わりに学校へ行ってくれるロボット、こんなのがあったらいいよね。と思う反面、これが普通になったらロボットで登校する生徒が増えて、学校へ行く意味がなくなっちゃったりするんじゃない?と思ってみたり。でもあったらいいね。入院してるような子供たちが学校へ行けるもんね。
で、映画の話に戻そう。
HINOKIOがみんなの中に自然に溶け込んでて、日本の技術もすごくなってるんだなぁ〜なんて感心してしまいました。
ファンタジーだから仕方ないかもしんないけど、そこまでしなくても…ってとこもあり。それはバーチャルと現実を混同してしまうゲームのことだったりするんだけど、必要だったのかなぁ〜?もっと現実的でも良かった気がする。ジュンがバーチャルよりもリアルだと主張するためには必要だったのかもしんないけどね。
子供向けの映画だと思って観てたら、内容は結構深刻だったりして、こういう問題はよく聞くよね。子供に負い目を感じてたり、自信がなくて距離を置いてしまってるお父さんやお母さんはこれを見て、一歩踏み出す勇気が持てるようになれるといいね。
最後になったけど、中村雅俊さんが演じたお父さんが『諦めないでください。この子は強い子なんです!』そのセリフにグッときてしまいました。
| タイトル【ひ】 | 02:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |