about love/関於愛

about love アバウト・ラブ/関於愛about love アバウト・ラブ/関於愛
about love/関於愛
2005年/日本・中国
【出演】伊東美咲/チェン・ボーリン(陳柏霖)/メイビス・ファン(范曉萱)/加瀬亮/リー・シャオルー(李小[王路])/塚本高史
【監督】[東京編]下山天/[台北編]イー・ツーイェン(易智言)/[上海編]チャン・イーバイ(張一白)

【感想】 レンタル(3/9)
楽しみにしてたよ!チェン・ボーリン(陳柏霖)が観たかったんだよぉ〜♪
『アバウト・ラヴ/関於愛(クワァンユーアイ)』は、東京・台北・上海という、アジアの3つの大都市を舞台に、留学生と現地に暮らす異性との出会い、そして言葉が通じない人間同士の異文化コミュニケーションを共通のテーマに据え、3つの物語で構成した“ひとつ”の普遍的なラブストーリー。
(公式サイトより引用)

■東京編(伊東美咲/チェン・ボーリン/下山天)
3つのストーリーのうちどれが好きかっていうとぉ〜、やっぱ『東京編』!
はい、チェン・ボーリンがでてるからです。監督さんは先日観たばかりの【忍 SHINOBI】の下山天。異文化コミュニケーションと言いつつ、2人は言葉を交わさないんだよね(笑)ヤオ(チェン・ボーリン)のクラスメイトが撮った写真(テーマは「出逢い」)は、【ターンレフト・ターンライト】のなかなか再会できない2人の写真を思い出しましたねぇ。っていうか、クラスメイトとその友達ミンの話は中途半端すぎて、あまり必要じゃない気がしました。言葉を交わさず、ヤオは美智子(伊東美咲)を励まそうと似顔絵を描き、美智子の気持ちの変化は大きな1枚の絵が変化していくことで解る、そして最後に出逢う…それだけでも充分に伝わってくるよね。
しかし、ずいぶんと大人っぽくなりましたねぇ〜。

■台北編(メイビス・ファン/加瀬亮/イー・ツーイェン)
この監督さんは私の大好きな【藍色夏恋】の監督さんだったのですねぇ〜。このお話はそれとは違ってコミカルな感じ。失恋の痛手から立ち直れないアスー(メイビス・ファン)とそれに引っ張りまわされるお人好しな鉄ちゃん(加瀬亮)のやり取りが実におもしろかった。元カレからの言葉をアスーに伝えようと一生懸命話すんだけど、なかなかうまく伝わらない。“七面鳥”はないだろ!(笑)残念ながら私はそれを聞き分けるほど中国語を習得してないのできっと半分しか楽しめてないんだろうなぁ〜。でも愛は感じた。

■上海編(リー・シャオルー/塚本高史/チャン・イーバイ)
母が営む雑貨屋の2階に下宿することになった留学生の修平(塚本高史)に密かに恋心を抱くユン(リー・シャオルー)の初恋って感じかな。それはかわいらしくていいのだけど…留学生らしいシーンがないし、夢が何なのか、野球ボールは何なのか…意味不明すぎて話が異様に長く感じました。ユンの想いを1年後に知ったはいいけど、再会できないっていうのがちょっと悲しいよねぇ…。
| タイトル【あ】 | 01:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
 
 
 
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT








 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK