メゾン・ド・ヒミコ

メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)
2005年/日本
【出演】 オダギリジョー/柴咲コウ/田中泯/西島秀俊
【監督】犬童一心

【感想】 レンタル(3/13)
なぁ〜んか、よく知らないんだけど観てみたかった映画です。
オダギリジョーと柴咲コウが出てるってだけで、おもしろそうだったしね。
昔、ゲイバーのママをしてたヒミコ(田中泯)が店をやめて、ゲイの為の老人ホームを作り、ヒミコの恋人、春彦(オダギリジョー)とゲイ仲間と共に暮らしていた。ヒミコが末期の癌ということで春彦が娘の沙織(柴咲コウ)をなんとかホームに呼び、オカマ嫌いの沙織が徐々にみんなと打ち解けていくってな話。

題材的にはものすごくおもしろいと思いました。
その世界のことは知らないので現実ではどうなのか分かりませんが、彼女、彼らの老後というのは“孤独”というイメージがあります。もちろん孤独なのはそういう人たちだけじゃないけどさ。
だからこういう老人ホームってあったらいいなと思うし(高齢化社会だしね)っていうか、実際ありそうだよね。老人ホームとまではいかないけど、仲間どうしで仲良く暮らしてるって感じの。
和気あいあいと暮らしてるところは楽しそうで幸せそうで、それは良かったんだけど、もうちょっと深く観たかったかなぁ〜。
まぁ、別にこういったことを深刻に描こうって感じではないようなので、こんなもんなのかなぁ〜?スッキリしないけど、雰囲気は好きです。

オダギリジョーはなかなか役にハマってたと思います。柴咲コウも感じ悪ぅ〜い感じが良かったです。この手のタイプの役柄多い気もするけど(笑)
好きなシーンは、女装した山崎の為に山崎の元同僚にコスプレ姿の沙織が食って掛かるとかこかな。それに春彦も惚れちゃうんだよね。
音楽(細野晴臣)もなかなかいぃ〜感じでした。

| タイトル【め】 | 05:22 | comments(2) | trackbacks(2) | - | - |
 
 
 
 
COMMENT
TBありがとうございます!
確かにオダギリジョーは「はまり役」でしたね。
私的には、柴崎コウの手入れをしてなそうな、妙に太い眉毛がめちゃめちゃ気になってしまいました・・・・。
| ぴーすけ | 2006/03/17 2:39 AM |
コメントありがとうございます。
あの立派な眉毛も素敵でしたぁ〜(笑)
綺麗な人はなにやっても似合いますね。
羨ましい限りです。
| るしふぁー | 2006/03/18 3:12 AM |
ADD YOUR COMMENT








 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK
メゾン ド ヒミコ 監督:犬童一心 渡辺あや 出演:オダギリジョー 柴崎コウ 田中泯 あらすじ ある日 借金を抱え 昼夜休まず働く沙織(柴崎コウ)の元に  給料を弾むので ゲイ専用老人ホーム「メゾン・ド・ヒミコ」で働いて欲しいと 岸本春彦(オダ
| 気ままシネマ | 2006/03/15 12:03 PM |
146.メゾン・ド・ヒミコ 製作年度 2005年 製作国・地域 日本 上映時間 131分 監督 犬童一心 製作総指揮 − 原作 − 脚本 渡辺あや 音楽 細野晴臣 出演 オダギリジョー お勧め度 ゲイである父親を嫌い、その存在を否定して生きてきた沙織
| Movie Road -映画道- | 2006/03/15 9:02 PM |