少林キョンシー

少林キョンシー デラックス版少林キョンシー デラックス版
少林殭屍
2004年/香港
【出演】ゴードン・リュウ(劉家輝)/ルイス・ファン(樊少皇)/ジャッキー・ウー(伍白龍)/シャノン・ヨー(姚瑤)
【監督】ダグラス・クン(孔祥徳)

【感想】 レンタル(3/18)
レンタル開始日から気になってたこのタイトル…【少林キョンシー】…ってなんだそりゃっ!?(笑)
でさ、なにげによく回ってるもんだから、余計に気になってました。
すっごいくだらない映画が観たくてさ。タイトルでこれを選んでみたんだけど…。
私が思った方向とは違うけど、くだらなかったですね。おまけにマジメに少林拳なんかをやってて、そこがまた妙に笑えるといいましょうか(笑)
始めはね、白道士がキョンシーを成仏させるために連れて歩いてる途中、霊界に踏み込んでしまって…なんて興味をそそられたんだけど、次から次へとゾンビが出てきて“ポカーン”って感じ。白道士のライバル(元兄弟弟子)黒道士を登場させるためのシーンだと思うんだけど、なんでゾンビが大量発生し続けたのかが意味不明だし、後半のシーンで黒月がいつ憑かれたのかも不明。
ラストも“えっ?なにそれ?どういうオチ?”って感じ(笑)
CGとかそこそこ凝ってたわりには、キョンシー大魔王やゾンビのみなさんは、とても21世紀に作られてるとは思えないほどの出来栄え。またそこが昔懐かしい雰囲気で良かったりもしますが(笑)

カンフーアクション、キョンシーなんて香港のお家芸的なテイストにゾンビが出てきたり、巨大隕石が落ちてきたりってな、ハチャメチャぶりが素敵です。

ところで主演のゴードン・リュウは、幼少の頃、映画で観た気がするんだよなぁ〜。多分【少林寺三十六房】だと思うんだけど…これも気になってる映画なんで機会があったら観てみようと思う。
あと黒道士のルイス・ファンは三上博史に似ている気がしましたが、なかなか男前でした。
こちらもどうぞ⇒ にほんブログ村 映画ブログ
| タイトル【し】 | 04:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
 
 
 
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT








 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK