ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
Hedwig and the Angry Inch
2001年
アメリカ
【出演】ジョン・キャメロン・ミッチェル/マイケル・ピット
【監督】ジョン・キャメロン・ミッチェル

【内容】

【感想】
パッケージが気になってた映画のひとつ。ケバケバしいロックな感じにそそられた。

といっても、私はミュージカルの類は不得意でして、そういう映画(オフ・ブロードウェイで上演されてたロック・ミュージカルだったこと)とは知らずに観始めたんで、正直、どう観ていいのか戸惑った(苦笑)長いPVに主人公が歩んできた人生を重ね合わせてると思いながら観ることにした。それなりに観ることができた。しかし、ミュージカルを見慣れてない私は、その“間”を読めない。話がつながらない部分があったりね。これはいくつかカットされたシーンのせいだったりもする。借り物で済ませちゃダメってこと?(笑)
主人公(ヘドウィグ)の最初のヘアスタイルはちょっといただけなかったけど、あのヘアスタイル以外のヘドウィグは美しかった…。ぶっちゃけ『パーティ★モンスター』のマリリン・マンソン演じるクリスティーナとカブった。こっちの方があとだけど。
内容はこのド派手な衣装&メイクとはかけ離れた、愛、性別、政治、宗教…人間関係などなど、とても考えさせらるものだった。自分の片割れ探しをする中で、いろんなものを失ったり、愛する人たちに裏切られ続けたりね。この映画は1回観ただけじゃ、ちぃ〜っとも分かんない。何回か観るごとに“間”を読めるようになって、深みが増していく感じ。
音楽はカッコいい。ロックばっかりじゃなく、ちょっとしんみりしたのもあったり、1番好きなのは【Origin Of Love】だなぁ〜。詞がいい。プラトンの『饗宴』っていうのが基になってるらしい。【Angry Inch】もいいし、【Hedwig's Lament(ヘドウィグの嘆き)】もいい、自分の本当の姿を取り戻し、周りにいた人たちを解放する(この表現はあってるのか?)ときに流れた【Midnight Radio】は泣きそうになった。【Wicked Little Town(薄汚れた街)】はトミーver.の方が好きだな。

【関連商品】
B00005LNJ4Hedwig & the Angry Inch
Original Soundtrack


by G-Tools

B0000C16VRヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(CCCD)
サントラ ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ


by G-Tools

サントラは国内盤がCCCDなんで、もし買うとしたら輸入盤だなぁ〜。
あとオリジナルキャストでのアルバムもあるらしい、これは舞台のライブ感があるみたい。
B00006S28Gヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ
演劇・ミュージカル


by G-Tools
| タイトル【へ】 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
 
 
 
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT








 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK
7月9日(日) この日は一日中家にいた。 金曜、土曜と派手に動いたので体を休ませたかった。 8時頃に起き、 金曜分の残りと 土曜の日記を更新。 2時間近くかかる。 10時半前から前の日の深夜に録画した 『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』を観る。
| CHEAP THRILL | 2006/12/15 7:49 PM |