メタリカ 真実の瞬間

メタリカ 真実の瞬間 スペシャル・コレクターズ・エディションメタリカ 真実の瞬間 スペシャル・コレクターズ・エディション
METALLICA SOME KIND OF MONSTER
2004年/アメリカ
【監督】ジョー・バーリンジャー/ブルース・シノフスキー

【感想】 レンタル(12/22)
その昔、やっぱメタリカくらいのバンドは聴いておかないとダメだろうと買ったアルバムが『LOAD』だった。好みの音ではなかったので、それっきり…。『ST.ANGER』は気になりつつも買いそびれている。きっとメタリカと知らずに聞いている曲はたくさんあるだろうと思う。でもそれは知らないと同じこと。観たといえば、先月、レンタル解禁になったばかりのLIVE DVD『S&M』を観た程度。以前よりは興味は増したが、メタリカに詳しくない。
この映画(?)にはすごく興味があった。メタリカっていうでっかいバンドのことだし、HR/HMとか嫌いじゃないんで。
だけど、うちにはこのDVDは置いてないんで、よそで借りてきました。

世界的に成功をおさめているメタリカ、その類の音楽を愛する者からすれば雲の上の存在だろうし、誰もが羨むほどの地位を確立してる人たちなんだよね。そんな人たちが『よくぞここまで曝け出してくれました!』ってくらいの内容。
こういう対立とかってバンドにはありがちなことだよね。まぁ、バンドに限らず人が集まればさ、少なからずあるし。でもここまでのバンドだったら、確執があろうが仕事と割り切ってやってく、っていう人たちもいるじゃん?それはファンにとっては悲しいことだけど、ない話ではない。
このドキュメンタリーを観て、メタリカはそんなハンパなことはしないバンドだということは、すごく理解できた。まぁ、詳しくはないんで、割り切ってやってたときもあったかもしんないけどさ(苦笑)少なくとも『ST.ANGER』は違うと思う。

音楽の好みっていうのもあるから、誰もがすんなり観れるってもんじゃないし、興味がなかったらダラダラしててつまんないかもしれないけど、そういった類の音楽に興味がある人とか、好きなバンドがいるとか、そんな人は観てみるといいかもよ。
少なくとも私は『S&M』のときよりもさらに興味が湧いたし、よくは知らないけどすごく彼らのことが好きになった。『S&M』のときはベーシスト(ジェイソン・ニューステッド)が“いいなぁ〜”って思ってたのに脱退してたのでショックだったわ(苦笑)

余談ですが、ベーシストのオーディションに大好きなラミちゃん(ジョーディ・ホワイト)が出てました♪そういえばマリリン・マンソン脱退後、メタリカに入るとか入らないとかって噂あったねぇ…。これ観て思い出しました。

【HP】 http://www.paramount.jp/metallica/

【関連作品】
B00009554Tセイント・アンガー
メタリカ
ソニーミュージックエンタテインメント 2003-06-09


by G-Tools
| タイトル【め】 | 06:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
 
 
 
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT








 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK