北京的西瓜

北京的西瓜 デラックス版北京的西瓜 デラックス版
(Beijing de xigua/ぺきんのすいか/ぺきんてきすいか)
1989年/日本
【出演】ベンガル/もたいまさこ/
【監督】大林宣彦

【感想】 レンタル(12/24)
なにげなく借りてきましたが、意外にすさまじい映画でした。初めて目にしたタイトルでしたが、いいもん観させていただきました。

野菜を“見に”来た中国からの留学生との出会いから生活が一変してしまう八百屋さんのお話。実話に基づいてるってだけでも驚きなのに、この映画そのものがある事件の影響を受けていたことにも驚きました。
この映画、それぞれの出演者が同時にワイワイガヤガヤ喋るので、日常生活を垣間見てるようでした。ベンガルもすごかったですが、もたいさんの演技が素晴らしい!初めはちょっとした人助け程度だったのが、日に日に仕事もそっちのけで留学生のために走り回る旦那(ベンガル)に振り回される奥さんを見事に演じてます。“子供は母親の味方する”とベンガルのセリフにもありましたが、子供どころじゃなく私ももたいさんの味方をしたくなるくらい。留学生には感謝されて、そりゃぁ〜いいかもしんないけど、じゃぁ自分の家族はどうなってもいいのか?って感じ。
留学生に対する奥さんの憎しみにも近い感情は、旦那さんが入院したことで変わるのだけども、ホント、大変だったと思うよ。

本国へ帰った留学生が八百屋さん夫婦を中国へ招待してくれることになり、中国へ向かう飛行機でのシーンが出てきますが、そこで画面が真っ白に…。その場面は37秒も続きます。それだけでも十分何かが起こったのだとわかるのですが、ここからガラッと演出が変わります。ベンガルが状況説明をしてくれるのですが、今までいい流れで観てきたのに急に冷めちゃいました。大林監督なりの想いがあってそうしたらしいんだけど、もったいない気がしました。何が起こったのかって?中国で天安門事件が起こった年だったそうです。
| タイトル【へ】 | 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
 
 
 
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT








 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK