阿修羅城の瞳

阿修羅城の瞳阿修羅城の瞳
2004年/日本
【出演】市川染五郎/宮沢りえ/樋口可南子/小日向文世/内藤剛志/渡部篤郎
【監督】滝田洋二郎

【感想】 レンタル(12/27)
予備知識は『恋をすると鬼になる』ってそれだけ。パッケージが美しかったので観てみたかったんですよねぇ〜。
セットとかセリフの言い回し動きやなんかが舞台っぽいなぁ〜と思ってたら、元々は舞台でやってたそうですね。知りませんでした(苦笑)ときどきその独特なセリフが鼻に付いたり、前半はテンポがよかったのに、後半がちょっと退屈に感じたり、ところどころ解らないところもあったけど、思った以上に楽しめました。
こういうのは“悲恋”って言った方がいいのかな?出門の気持ちはわりとストレートなのに対して、つばきの気持ちが解りづらかったかなぁ…。もっと“人”と“鬼”との狭間で苦悩してるって感じがほしかった気が…って、私が見落としてる?(苦笑)
そこまでのストーリーはなんとなく解るんだけどさ、ラストがイマイチ解んないんだよねぇ〜。笑死はどういう存在になってんの?南北さんはなにがどう見えてるんですか?謎です。

衣装もカッコいいし、渡部さんのヘアースタイルもいいっすねぇ。樋口さんはホントに美しい…鬼だと知ってても魂を売ってもいい!って思うくらいに美しかったです。
この映画を観て、舞台版のほうが気になりました。

【HP】 http://www.ashurajo.com/

【関連作品】
B0007OE5ZU阿修羅城の瞳
サントラ
ビクターエンタテインメント 2005-04-13


by G-Tools

4846004805阿修羅城の瞳〈2003年版〉
中島 かずき 論創社 2003-08


by G-Tools

A SHU RA―ストーリー・オブ・ザ・ムービー阿修羅城の瞳A SHU RA―ストーリー・オブ・ザ・ムービー阿修羅城の瞳
出水 秋成


by G-Tools

B000AKAYOW阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック
市川染五郎 中島かずき 滝田洋二郎 松竹 2005-10-29


by G-Tools
| タイトル【あ】 | 02:41 | comments(2) | trackbacks(3) | - | - |
 
 
 
 
COMMENT
Tbありがとうございました
舞台作品ということで衣装も見せ場も派手でしたね〜
絢爛な世界に魅了されました(^0^* )
| cherry@Cinemermaid | 2006/01/16 6:15 PM |
TB&コメントありがとうございます。
こっそりTBさせていただきました。
私は初めの鬼御門のシーンの絢爛でどこか淫靡な感じがとても好きで、あれでかなりやられました!
| るしふぁー | 2006/01/17 4:26 AM |
ADD YOUR COMMENT








 
 
TRACKBACK URL
TRACKBACK
松竹と劇団☆新感線の初のコラボレイト作品として上演された舞台を【陰陽師】の滝田洋二郎監督が映画化 主役の病葉出門(わくらばいづも)は舞台でも好演した七代目市川染五郎だ 内容はともかく、こういう世界観は好きだ〜 江戸は百鬼夜行の闇の町・・・なんてまるで
| Cinemermaid | 2006/01/16 6:14 PM |
鬼って美しいのねぇ〜!! 舞台の映画化らしいですね。 町の様子が舞台「身毒丸」をチョット思い出しました。日本なんだけど、なんだかチョット異国っぽい感じが。衣装や色彩などはとっても綺麗でした!! 阿修羅が復活するまでの展開は、とっても良かったのですが
| ☆ 163の映画の感想 ☆ | 2006/01/19 6:04 AM |
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  C (演技1/演出1/脚本2/撮影0/音響1/音楽2/配役2/魅力0/テンポ1/合計10) 『評
| ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! | 2006/06/02 9:56 AM |