夜のピクニック

夜のピクニック 通常版
B000L22SHU
2006年/日本
【出演】多部未華子/石田卓也/郭智博/貫地谷しほり/加藤ローサ/柄本佑/南果歩/嶋田久作
【監督】長澤雅彦

【感想】1/23(サンプルDVD)
あのですね、途中までずっと多部さんのことを中学生だと勝手に思い込んでて、高校生という設定に驚きました。スイマセン(苦笑)
そしていつものことながら原作未読。

「24時間かけて80km歩くなんてヤダァ〜!絶対、休むぅ〜っ!!」
とか言いつつ、イヤイヤ参加してるんだろぉ〜なぁ〜、そんな私。
かったるいけどこういう行事っていいよね。大人にならないと、その良さって分かんないけど(笑)

で、映画ですけど、この手のジャンルってどっちかっていうと好きです。なんだけど…思ったほど、こなかったです。
例えば、甲田貴子(多部未華子)があれやこれやと想像(妄想?)した中に出てきたアニメなキャラ。かなりビミョー。
それとね、みんな「青春、青春」言いすぎです。さりげないセリフ、情景、そういうのを見て、こっちが「青春だなぁ〜」なんて思うとこがいいんであって、先に言われちゃうと興醒めしちゃうんだなぁ。

あとは、貴子と西脇融(石田卓也)の関係。それをみんなには黙ってるんだけど、それに関して貴子の母(南果歩)が貴子の友人に取った行動が…子供としては許せないかな。この映画の設定とは違うけど、私も家庭の事情を友人にはもちろん学校にも言わなかったことがあったので、もしあのとき勝手に話されてたら…と思うと、母親のこと嫌いになったかも。

まっ、不満ばかり書いちゃいましたが、これが文化祭とかのお祭り騒ぎ的な行事じゃなく、ただひたすら歩き続けるっていう行事だったのがよかったですね。

公式サイト⇒http://www.yorupic.com/
| タイトル【よ】 | 03:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
 
 

おぼえがき[2007年03月]

2007年3月に観たヤツ。 ※鑑賞後、更新します。
続きを読む >>
| おぼえがき | 01:57 | - | - | - | - |
 
 

ウォー・アイ・ニー

ウォー・アイ・ニー
http://www.woaini.jp/

昨日借りたDVDを観てました。
シュー・ジンレイが出てる【ウォー・アイ・ニー】。
とにかく疲れました。
仲良さそうにしてるのは最初だけで、あとはずっと夫婦ゲンカ。
あのお美しいシュー・ジンレイがヒステリックに叫びまくるのです。
しかも夫婦ゲンカのシーンは全部アドリブだそうで、ミョーにリアル。
だから観てるこっちも苦しくなる。

愛しすぎたんだねぇ…。

不安な気持ちとかそういうのはよく解るけど…でもこういうケンカはイヤだなぁ。
って、したくてしてるワケじゃなかったね(苦笑)
| タイトル【う】 | 04:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
 
 

おぼえがき[2007年02月]

2007年2月に観たヤツ。 ※鑑賞後、更新します。
続きを読む >>
| おぼえがき | 04:10 | - | - | - | - |
 
 

やわらかい生活

やわらかい生活 スペシャル・エディション
B000JMJU82

2005年/日本
【出演】寺島しのぶ/豊川悦司/松岡俊介/田口トモロヲ/妻夫木聡/大森南朋/柄本明
【監督】廣木隆一
【原作】絲山秋子「イッツ・オンリー・トーク」(文藝春秋刊)

【感想】レンタルDVD(1/21)
元キャリアウーマン、両親と親友の死をきっかけにウツに…って、キャリアウーマン時代が全然出てこないから、一歩間違うと単なる体たらくって感じにしか見えない。
仕事仕事なんて毎日を送ってると、ホント、全部を投げ出したくなる。でもあと一歩のところで踏みとどまってる。みんながみんなスイッチを切れるわけじゃない。だから、少しだけ優子(寺島しのぶ)が羨ましいかな。でもさっきも書いたように、体たらくっぽく見えてしまってるので…(苦笑)

自然な感じで演じている寺島さんはカンペキです!そこに問題はないです。

優子をとりまく男性陣の中でも1番は、優子のいとこ・祥一(豊川悦司)でしょう。祥一に癒されたいって言う人が多いのもうなづけます。ホント、私も癒されたい!
あんなふうにすべてを委ねても、優しくあったかく見守ってくれる人…。
そう思うからラストはちょっと…ね…。やわらかくない。
その後の優子がちょっと心配になりました。


公式サイト⇒http://www.yawarakai-seikatsu.com/
| タイトル【や】 | 05:31 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
 
 

天使

天使 スタンダード・エディション
B000F4LD8O

2005年/日本
【出演】深田恭子/永作博美/永瀬正敏/佐藤めぐみ/西田尚美
【監督】宮坂まゆみ
【原作】桜沢エリカ

【感想】レンタルDVD(1/20)
元気がない人たちの背中をちょっとだけ押してくれる天使のお話。
天使(深田恭子)はなにかを言うわけでもなく、強引に物事を運ぶわけでもなく、ただそこにいるだけ。
いいんだけどなぁ〜。個々のストーリーが、ちと弱い気がしましたぁ〜。
深キョン好きだし、ハマリ役だとは思うんだけど…大きく見開いた目がちょっと怖く感じたんですよね…スイマセン。
あと…女の子と一緒に空飛んじゃって、歌い出したのがなぁ〜。違う歌ならまだよかったかも。ドロップの歌とか。

私の好みで言えば、好奇心旺盛で無邪気な天使より、もっとほんわかした天使の方がいいなぁ〜。


| タイトル【て】 | 04:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
 
 

着信アリ Final

着信アリFinal スタンダード・エディション
B000I0RE3S

2006年/日本
【出演】堀北真希/黒木メイサ/板尾創路
【監督】麻生学
【原作】秋元康

【感想】レンタルDVD(1/19)
サンプルが届いてから観よう観ようと思い続けて観そびれてたら…いつの間にかサンプルがなくなってた(苦笑)
で、ようやく観ました。
同僚から評判は聞いてましたが…まさか、ここまでとは思いませんでしたねぇ。

昔のCMにあった『イジメかっこ悪い』みたいな、そんな映画?…みたいな。
“転送”って…確かにそれで人の嫌な部分っていうのはよく分かったんだけど、いつから新しいシステム導入したんだよ!?とツッコミ入れてしまいました(笑)

で、ムリムリ終わらせた感のある結末でしたが、なんでしょう、前作はあまり関係なかった?あまりにもガックリきたんで、1作目を今度見直したいなぁ〜と思いました。
こちらもどうぞ⇒ にほんブログ村 映画ブログ
| タイトル【ち】 | 06:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
 
 

オーロラの彼方へ

オーロラの彼方へ
B000J10A8M
FREQUENCY
2000年/アメリカ
【出演】デニス・クエイド/ジム・カヴィーゼル/エリザベス・ミッチェル/ショーン・ドイル
【監督】グレゴリー・ホブリット

【感想】レンタルVT(1/18)
職場でこの映画の話をしてた。「この映画観そびれちゃったんだよねぇ〜」なんて言いながら借りたんですけど…観たことありました(笑)
でも久々なんで忘れてることも多くって、特に後半。覚えてるような忘れてるような…そんな感じで観てました。

30年ぶりにNYの空にオーロラが現れたとき、幼い頃に亡くした父親と無線で繋がる…。なんか無線っていうのがイイよね。
とにかく、こんなお父さんに憧れます。強くて優しくて…。亡くなってはないけど(多分)父親が途中でいなくなったんで…余計にね。

印象的なシーンはたくさんありましたねぇ。
36歳になった未来の息子に“チーフ”って呼んでるとことか。半田ごて(だっけ?)で、机に“生きてるぞ”ってメッセージ書いてるところか…。ホント、たくさん。

映画だし、忘れてしまった思い出の中の父親に会いたいって気持ちも分からなくもないからいいけど…やっぱ、ドラえもんも言ってるように歴史は変えちゃいけないよね。変える機会もないけどさ(笑)

| タイトル【お】 | 05:18 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
 
 

県庁の星

県庁の星 スタンダード・エディション
B000GCG6FU
2006年/日本
【出演】織田裕二/柴咲コウ/佐々木蔵之介/酒井和歌子/石坂浩二
【監督】西谷弘

【感想】レンタルDVD(1/17)
『書類第一の県庁のエリートさんvsお客様第一の三流スーパーのパートさん』
想像してたストーリーとはちょっと違ってましたが、おもしろかったです。
だってあの野村(織田裕二)、ホント、ムカついた!なんだっ、そのおじぎの仕方は!…ってね。でもあのスーパーもヒドイ!あんだけプライド持ったパートさんたちがいたら、あんなヒドイ店にはなってないと思うんだけど…(苦笑)

そうそう、県庁さんが作った弁当、なにが悪くて売れなくて、なにが変わったから売れるようになったんでしょう?お弁当だから冷えた状態ではおいしくなかったんだろうってことは分かったんですが…その弁当自体作ってるのは、今までも弁当作ってる人ですよね?そういうちょっとしたことも言えなかったんでしょうかね?でも味付けなんて、こっそり変えられそうだと思うんだけど…。それじゃぁ、成り立たないか。

あんだけ嫌ってた県庁さんだけど、スーパーを救ったのは、書類第一のお役所的なやり方でしたね。まっ、相手がお役所だからですが。
私としては恋愛対象ではなく、同志みたいな繋がりで締めくくってほしかったなぁ〜って気がします。


公式サイト⇒http://kaikaku-movie.jp/
| タイトル【け】 | 12:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
 
 

恋するブラジャー大作戦(仮)

恋するブラジャー大作戦(仮)
B000GCG6NM

2001年/香港
【出演】カリーナ・ラウ/ジジ・リョン/ルイス・クー/ラウ・チンワン
【監督】パトリック・レオン

【感想】レンタルDVD(1/16)
『ジジ・リョンが出てるんだ♪レンタルされたら借りよぉ〜と♪』
って、思ってたのに…。ずっと前からあった。4ヵ月近くもその存在に気がつかなかった…ショック!っていぅ〜かぁ〜、誰も借りてない!?(苦笑)

男子禁制、女だけでやってきた人気下着メーカー“シス”に初の男性社員が!彼らは3ヵ月という期限付きで“究極のブラジャー”をつくることに…。

なんていうんでしょうか…香港らしい(←偏見?)おバカな映画でした(笑)
ジジ・リョンだけだと思ってたら、カリーナ・ラウ出ててビックリ!っていうか、こんなんでもOKなの?意外でした。男性陣2人は…知りませんでした…スイマセン。
好きなシーンはレナ(ジジ・リョン)が男性陣にブラのつけ方をレクチャーしてるとこかな。2人とも普通に笑ってんだもん(笑)
終始、ジジ・リョンばかり見てたので感想らしい感想…書けないです。

公式サイト⇒http://www.koibra.com/
| タイトル【こ】 | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |